フィナステリド錠の処方と価格について

男性型脱毛症と呼ばれる症状があります。
これは男性に多くみられることが特徴となっている問題であり、かなりの量の抜け毛が発生することにより若い時期から明らかに地肌が見えてくるような薄毛の症状を発症させるものとして多くの人を悩まされています。
放置することで完全に髪の毛が抜け落ちてしまうのが男性の男性型脱毛症の特徴であり、長年対症療法による対応が続けられてきたのですが、近年になって飲み薬による原因を取り除く治療が可能になりました。
AGA治療と呼ばれるその治療はフィナステリド錠と呼ばれる薬剤の処方を受けることで抜け毛が発生する原因に働きかけて症状を抑えてくれます。

フィナステリド錠は日本においてはプロペシアという商品名で販売されています。
この薬は抜け毛の原因として機能しているある種の男性ホルモンの働きを抑制することで抜け毛を予防することを目的としています。
抜け毛を止めることによって本来の発毛力が活かされることになりますので、結果として髪の毛が蘇ることがあるのです。
そのためフィナステリド錠の処方だけでは抜け毛の予防にしかならず、しっかりと髪の毛を取り戻すには薬の処方以外にも何らかの活動をする必要があるでしょう。

そんなフィナステリド錠はAGA治療と呼ばれる抜け毛対策に応じている病院で購入可能です。
その価格は一ヶ月分でおよそ8000~10000円が相場となっています。
治療を行う場所によって治療に対する価格が違うのが一般的ですが、AGA治療の場合にも治療を受ける医療機関で価格が違う可能性があるのです。
治療を受ける場合には薬代だけで約1万円となります。
この治療に加えて様々なケアを行うことで値段が上がっていく可能性がありますので、しっかりと確認しましょう。